MORITABI

そとあそび、ものづくり、SDGs

鳴子温泉でまなぶ
自然体験!

お問い合わせ

鳴子温泉の自然で遊ぶ
木地文化に触れる
持続可能な地域づくりを学ぶ

鳴子温泉もりたびの会は、地域の旅館や飲食店、林業家、クラフト関係者、教育関係者等からなる協議会です。

国民保養温泉地・栗駒国定公園内という立地を活かした「自然体験」、伝統工芸である鳴子漆器や、鳴子こけしなど、自然豊かな環境が産んだ独自の「木工文化体験」、森林資源を活用したエネルギー循環を学ぶ「環境体験」などのプログラム提供をおこなっています。

これらの体験プログラムと温泉地での滞在を組み合わせた、非日常的な経験を通じ、訪れる人も住む人もより豊かになる新しいツーリズムの仕組みづくりを目指しています。

もりたびの会「VESTAプロジェクト」の概要図

エネルギー × 地域資源の活用 × カーボンニュートラル

VESTAプロジェクト

森林資源の活性化、新しい産業の創出、雇用、人口増加につなげる事を目的とした、エネルギーの地元産業化を目指すプロジェクト。

お知らせ

中国吉林省との交流事業に参加しました

宮城県経済商工観光部国際政策課が運営に協力をする「日中植林・植樹国際連帯事業」の一環として、2021年度中国大学生オンライン交流(地方間交流)(宮城県-吉林省)にて、もりたびの会の取り組みについて紹介しました。吉林省と宮城県の大学生の交流で、バイオマス利用の取り組みを学んだ後、豆こけし作りを体験していただきました。...

「みちのく薪びと祭り」の受け入れ

東北環境パートナーシップオフィス(EPO東北)が主催する、再生可能エネルギー交流会「みちのく薪びと祭り 鳴子視察&キーパーソン会議」の受け入れを実施しました。 サスティナヴィレッジ鳴子での「VESTAプロジェクト」視察の後、東北6県を一巡した「みちのく薪びと祭り」の今後の可能性と次年度からの企画を考えました。...

地元中学校の校外学習受け入れを実施

大崎市立鳴子中学校の校外学習の一環として、第一学年30名の受け入れを実施しました。「サスティナヴィレッジ鳴子」と、「エコラの森」の見学を通じて、地元で行われている森林資源の循環を学びました。 鳴子温泉もりたびの会 では、小中高生を対象にした校外学習の受け入れを行っています。...

メディア出演情報

ミヤギテレビの人気情報番組「OH! バンデス」で、鳴子での湯治の余白にたのしめるアクティビティとして取り上げていただきました。

鳴子温泉で学ぶSDGs

観光庁「地域の観光資源の磨き上げを通じた域内連携促進に向けた実証事業」の一環として、株式会社JTB 仙台支店が催行する「サスティナビリティ(SDGs)を体感できる循環型森林ツーリズム造成事業」モニターツアーの企画、ご案内を行っています。 催行日は、10月30, 31日、11月6, 7日、11月13, 14日 の計三回。それぞれ二日間の日程で催行しています。...